タキゲン パイプキャップ C-486-PC

タキゲン パイプキャップ C-486-PC

550円

タキゲン パイプキャップ C-486-PC

タキゲン パイプキャップ C-486-PC:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 2021年1月に①『 タキゲン パイプキャップ C-486-PC 』を275円で購入しました。まずは「試し」で購入し、「競合品」の②『 ジョイント工業 単管キャップ 11-1C-48.6(ステンレス) 』も含めて「検討」した結果、②を「メイン」にすることにしましたが、このとき気になったことを書きます。△「デザイン」「個人的」には「頂部」の「ロゴ」が控えめで、「単管パイプの色」に近い①「この製品」のほうが好みですが、大差はありません。②のほうが、「頂部」が丸く、「高さ」が低く、「挿入寸法」が短いです。○「扱いやすさ」「材質」は、①「この製品」は「高耐食溶融めっき鋼板(ZAM)」で、②は「ステンレス」で、どちらも、まったく錆びないとは言えないようですが、「サビ」の心配をする必要性は低そうです。「いちばんの違い」は「挿し込みやすさ」で、①はΦ50.4mm、②はΦ51mmで、②のほうが若干大きく、「挿入寸法」が短いため、挿し込みやすいです。②は「手の力」だけで挿し込めました。①は「カタログ」には『押込むだけで簡単に取付けできます。』とあるものの、「手の力」だけでは厳しかったです。(いずれも、「新品」の「単管パイプ」)◎まとめ今回は、10数年前に設置した「塗装済み」の「単管パイプ」で使用している「樹脂製のキャップ」を「リプレース」することが「メイン」ということで、「挿し込みやすさ」を「最も重視」して②を選びましたが、どちらも良い製品です。工場直送,国内送料無料,当店限定販売タキゲン パイプキャップ C-486-PC
itouyouko@chemfish.co.jp

   CHEMFISH は電子材料中間体、医薬中間体、LCD新型材料などの研究開発、生産、販売に従事している化工企業です。中国を生産拠点から、日本市場をブランド推進戦略市場として、業務推進させて頂きます。そして、有力な科学研究機関と業務提携しながら、製品の研究開発を更新...

CHEMFISHは、何十所有名な大学、科学研究機関、研究所と連携して、新しいの製品を開発しています。 多数の研究室は博士と化学家が率いており、効率的なプロジェクト成功率を維持しています。 弊社の研究室は毎日新製品の開発と生産を行っており、製品の安定性と技術の進歩を維持するために生産開発プロセスを革新し続けています。
2019.06
CHEMFISH 2019大阪 国際高…
嘉航医薬(chemfish pharmaceutical) と秉航新材料(chemfish scie…
20
2019.07
CHEMFISH は CPHI2019上海…
2019 CPHI上海展覧会が円満に終わりました。展示会ではお客様と深…
  • 入数:1個
  • 質量(g):32
  • φ48.6パイプ用キャップ
  • 金属製のため、耐候性や耐食性に優れています。
  • 押込むだけで簡単に取付けできます。
  • 材質:高耐食溶融めっき鋼板(ZAM)

商品の説明

"span"
入数:1個
質量(g):32
φ48.6パイプ用キャップ
金属製のため、耐候性や耐食性に優れています。
押込むだけで簡単に取付けできます。
材質:高耐食溶融めっき鋼板(ZAM)

10
 

タキゲン パイプキャップ C-486-PC

タキゲン パイプキャップ C-486-PC

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-23-28

タキゲン パイプキャップ C-486-PC

タキゲン パイプキャップ C-486-PC:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 2021年1月に①『 タキゲン パイプキャップ C-486-PC 』を275円で購入しました。まずは「試し」で購入し、「競合品」の②『 ジョイント工業 単管キャップ 11-1C-48.6(ステンレス) 』も含めて「検討」した結果、②を「メイン」にすることにしましたが、このとき気になったことを書きます。△「デザイン」「個人的」には「頂部」の「ロゴ」が控えめで、「単管パイプの色」に近い①「この製品」のほうが好みですが、大差はありません。②のほうが、「頂部」が丸く、「高さ」が低く、「挿入寸法」が短いです。○「扱いやすさ」「材質」は、①「この製品」は「高耐食溶融めっき鋼板(ZAM)」で、②は「ステンレス」で、どちらも、まったく錆びないとは言えないようですが、「サビ」の心配をする必要性は低そうです。「いちばんの違い」は「挿し込みやすさ」で、①はΦ50.4mm、②はΦ51mmで、②のほうが若干大きく、「挿入寸法」が短いため、挿し込みやすいです。②は「手の力」だけで挿し込めました。①は「カタログ」には『押込むだけで簡単に取付けできます。』とあるものの、「手の力」だけでは厳しかったです。(いずれも、「新品」の「単管パイプ」)◎まとめ今回は、10数年前に設置した「塗装済み」の「単管パイプ」で使用している「樹脂製のキャップ」を「リプレース」することが「メイン」ということで、「挿し込みやすさ」を「最も重視」して②を選びましたが、どちらも良い製品です。工場直送,国内送料無料,当店限定販売タキゲン パイプキャップ C-486-PC