ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

1384円

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 ブロスナンボンドの中では唯一劇場で見た作品だが前半は全く覚えていない、後半は多少記憶にある。エレクトラが実は・・・という展開から、レナードを倒すところは何となくですが。「ゴールデンアイ」も同様なのだがオープニングクレジットが出るまでアクションが派手。モーターボートのアクションシーンは目茶苦茶じゃないですか。でも全体的にはスキーとパラセールの対決とか、ジャケットがシェルターに変わったり、ボンドカーがリモコンで動きミサイル発射、腕時計からマグネットワイヤが飛び出したりとか「ゴールデンアイ」よりボンドカーや、小道具が充実してボンド映画らしさが出ていて楽しめた。見所としては前述のボート・スキーシーンの他にパイプラインからの脱出、チェーンソー搭載ヘリを撃破、そしてクライマックスの潜水艦でのレナードとの対決でしょうか。しかしやはりアクションシーンが冗長で派手。レナードとの対決等もっと簡単にしてほしいし、映画全体も10分強は短く出来たと思う。やはり過去のシリーズの名作に比べると見た目の派手さだけを追求しているという感は拭えない。しかしブロスナン・ボンドは体をはりすぎるね。時代も違うので何とも言えないが、多分製作者のバーバラブロッコリーがこの様なボンド像に設定しているのだと思う。(クレイグも含めて)コネリーやムーアではこのような肉体アクションはできないだろう。裏を返せばブロスナンボンドにはユーモアが感じられないね。個人的にはアルバートRブロッコリー製作最後のボンドのダルトンがハードさと甘さが程よいので好きですね。最後にレナードというのは顔がプーチンを連想してしまう。是非ともいつか大物KGB役として出演してほしいものだ。最大65%offクーポン,お見舞い,定番スタイルワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

LIVE VIEW

商品の説明

007シリーズ第19弾。愛か?罠か?ボンドvs.ボンドガールの火花散る対決が熱い!"span"


ジェームズ・ボンド…ピアース・ブロスナン(横島 亘)
レナード…ロバート・カーライル(諸角憲一)
エレクトラ・キング…ソフィー・マルソー(山崎美貴)
クリスマス・ジョーンズ…デニス・リチャーズ(藤 貴子)

監督:マイケル・アプテッド
製作:マイケル・G・ウィルソン/バーバラ・ブロッコリ
脚本:ニール・パーヴィス/ロバート・ウェイド
●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:宮川桜子


イギリスの石油王がMI6で爆死する事件が発生。ボンドは彼の娘エレクトラを警護するために、カスピ海へ飛ぶ。そこでボンドはテロ組織のリーダー、レナードがロシアの核基地から核弾頭を奪い、巨大パイプラインを破壊しようとする計画を知る。ボンドは才色兼備の核エキスパート、ジョーンズ博士の協力のもと、遂に反撃に出た!


●007アルティメット・エディションがリニューアル・ジャケットで新登場。
●本編はデジタルリマスターamp;英語5.1DTS音声収録の高画質、高音質の究極バージョン。
●日本語吹替音声収録。
●特典ディスクには秘蔵映像や舞台裏のエピソードが満載。007ワールドが堪能できる。


【Disc-1】
●マイケル・アプテッド監督による音声解説
●ピーター・ラモント、デヴィッド・アーノルド、ヴィク・アームストロングによる音声解説
【Disc-2】
●MI6:機密書類保管庫:(1)未公開シーン集amp;ロング・バージョン集 マイケル・アプテッド監督のイントロ付き (2)ボート・チェイス
(3)テムズ川 ロケ舞台裏 (4)予告編が出来るまで (5)香港記者会見 (6)クレジット
●秘密任務:(1)007の履歴書 (2)ボンド・ガール (3)味方 (4)敵 (5)アクション・マニュアル (6)Qの秘密兵器 (7)魅力的なロケ地
●任務遂行レポート:(1)メイキング・オブ・『ワールド・イズ・ノット・イナフ』 (2)ボンド・カクテル (3)“Q”に捧ぐ
(4)ミュージック・ビデオ “ワールド・イズ・ノット・イナフ” by ガービッジ (5)シークレット・アクセス・オブ・007
●007プロパガンダ:オリジナル劇場予告編
●イメージ・データベース:1999年『ワールド・イズ・ノット・イナフ』公開当時のフォト・ギャラリー

NEW RELEASE

取付ステー ドライブレコーダー ミラー デジタルインナーミラー アウディ AUDI/A3 Sportback/A3 Sedan ポルシェ ベントレー PORSCHE BENTLEY ランボルギーニ LAMBORGHINI 対応 SMDR-B001# MDR-OP1 MDR-OP2 MDR-C003# MDR-C005# MR-A001 MR-A002 MDR-A001# SMDR-A001 MR-KIT32シマノ 携帯ミニハサミ CT-523N忠孝酒造 黒あまざけ(甘酒ノンアルコール) 720ml ×6本車用シートカバー フィッシングスター おしゃれ かわいい マルチカラー 軽自動車 普通車 フロント座席適用高さ調節可能なスクワットラックスタンドベンチプレス、最大負荷200 kg、バーベルラックウェイトリフティングベンチスタンド屋内ホームジム強度トレーニングサポートラックFor Magsafe充電器用カーフォンマウントエアベントチャージャーホルダーダッシュボードカーマウント(ブラックシルバー) Fiaoen「ヨネックス レグナ98(初代) 用」交換用グロメット GS-RGN1(BK)デスクワゴン オフィスの小型キャビネットのキャビネットの金属の収納キャビネットの床ロック引き出しデータ収納キャビネットツール鉄のキャビネット デスクワゴン サイドワゴン オフィスワゴン オフィス収納 (色 : White, Size : One size)
カリンバ 親指ピアノ 17キー親指ピアノ 美しい音質 打楽器 新年(レトロカラー)(業務用5セット) 三菱鉛筆 ボールペン替え芯/リフィル 【0.5mm/黒 10本入り】 ゲルインク UMR-85Nリクープ 快適パンツ ズロースタイプ L墨文字製作所(スミモジセイサクジョ)篆刻作品 仏像画印A053 天然青海石 遊印/鑑賞印/首引印コンセプトクイック 専用ケースwangzai store 8ピースオートバイクラッチフリクションプレートセットフィットフィット ヤマハVMX1200 V-最大1200 VMAX1200 VMX12 1988-2007 XVZ1300 2003-2013ヘアバンドクラウンヘアジュエリーブライダルヘッドピース女性ラインストーンクリスタルティアラの花嫁パーティー結婚式の髪 誕生日の王冠 TSYGHPキャブレター後付けキット キャブレター49cc 60cc 66cc 80cc 2ストロークエンジン 車の部品

Album

『2011-2020 COMPLETE BOX』

2021.12.27 Release

【完全限定生産盤】
¥27,500(税抜価格¥25,000)(11CD + Blu-ray )
品番:KIZC-90643~54

最新リマスタリングCD/特殊アウターケース/デジパック/182Pブックレット/
ライナーノーツ / 歌詞 / 歴代アーティスト写真掲載

Video

TOUR'21 -ULTIMA- 07.14 LINE CUBE SHIBUYA

2021.11.17 Release

【Blu-ray】KIXM-464/¥7,800+税
【DVD】KIBM-881/¥4,800+税

『2011-2020 COMPLETE BOX』

TOUR'21 -ULTIMA- 07.14 LINE CUBE SHIBUYA

LIVE INFORMATION

deadman 2022 tour 「毒と薬と炉の鼠」
※出演は晁直のみとなります。

  • 2022.01.22(土)名古屋 CLUB QUATTRO
  • 2022.02.06(日)渋谷 CLUB QUATTRO
  • 2022.02.11(金)梅田 CLUB QUATTRO

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

  • OFFICIAL FAN CLUB

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

FACEBOOK

INSTAGRAM

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]

ワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 ブロスナンボンドの中では唯一劇場で見た作品だが前半は全く覚えていない、後半は多少記憶にある。エレクトラが実は・・・という展開から、レナードを倒すところは何となくですが。「ゴールデンアイ」も同様なのだがオープニングクレジットが出るまでアクションが派手。モーターボートのアクションシーンは目茶苦茶じゃないですか。でも全体的にはスキーとパラセールの対決とか、ジャケットがシェルターに変わったり、ボンドカーがリモコンで動きミサイル発射、腕時計からマグネットワイヤが飛び出したりとか「ゴールデンアイ」よりボンドカーや、小道具が充実してボンド映画らしさが出ていて楽しめた。見所としては前述のボート・スキーシーンの他にパイプラインからの脱出、チェーンソー搭載ヘリを撃破、そしてクライマックスの潜水艦でのレナードとの対決でしょうか。しかしやはりアクションシーンが冗長で派手。レナードとの対決等もっと簡単にしてほしいし、映画全体も10分強は短く出来たと思う。やはり過去のシリーズの名作に比べると見た目の派手さだけを追求しているという感は拭えない。しかしブロスナン・ボンドは体をはりすぎるね。時代も違うので何とも言えないが、多分製作者のバーバラブロッコリーがこの様なボンド像に設定しているのだと思う。(クレイグも含めて)コネリーやムーアではこのような肉体アクションはできないだろう。裏を返せばブロスナンボンドにはユーモアが感じられないね。個人的にはアルバートRブロッコリー製作最後のボンドのダルトンがハードさと甘さが程よいので好きですね。最後にレナードというのは顔がプーチンを連想してしまう。是非ともいつか大物KGB役として出演してほしいものだ。最大65%offクーポン,お見舞い,定番スタイルワールド・イズ・ノット・イナフ (アルティメット・エディション) [DVD]